再始動

約1年近くに渡った大型業務から解放されました。はてなダイアリー終了ということでブログへの移行準備はしていたのですが、仕事の関係で記事を書く余裕もなかったので公開が半年以上遅れてしまいました。
とりあえず、これまでのようにぼちぼち書いていこうと思います。

1年を振り返って

前半から、父の入院に始まり、新しい部署への異動、母の末期ガンと永眠など、あまりにも慌ただしく生々しい1年でした。年度後半は、期間労働者のような新たな仕事に忙殺され、全国的にも話題になった(?)仕事絡みの騒動にも巻き込まれました。
色々あった1年でしたが、何とか終わりを迎えようとしております。

近況報告

最近更新していなかったので、近況報告的な更新です。
GWに母が体調を崩し、精密検査の結果、末期ガンが見つかり、告知から約1ヶ月でこの世を去りました。余命宣告、入院や施設探し、各種手続き、延命治療の判断、臨終、葬儀、その後の対応とあまりにも慌ただしく、生々しく、バタバタと毎日が過ぎて行きました。
私が慌てふためいても何も良いことはないので、全てにおいて、しっかりとした情報収集、冷静な判断、先回りした素早い対応を心がけてきましたが、特に亡くなるまでの数週間、施設の行き帰りや、病床のそばで毎日のように涙を流す日が続きました。
葬儀からしばらくが経過し、少しづつ日常的な生活に戻りつつあるのですが、心の整理には、もうしばらく時間が必要なのではないかと思っているところです。

疲れ気味

緊急入院していた父が退院できたと思ったら、別の疾患で再び緊急入院しました。大事に至る前に対応できたものの、ちょうど仕事で久しぶりにピークを迎えているため、心身の疲労が徐々に蓄積してきています。

悩みごと

以前大学で行った講義について、受講生からの感想や質問のペーパーが届きました。やや答えるのが難しい質問については、比較的読みやすい部類の学術書を何冊か紹介しようと思ったのですが、検索してみると、地元の大学図書館にも公立図書館にも蔵書がほとんどないことが判明し、頭を抱えています。
母校の図書館の蔵書検索には引っかかるし、地元書店でも売ってる本とかもあるので、そんなに珍しい本を選んだつもりはないのですが…
まあ、そこら辺は母校の環境が恵まれていたとも言えるのですが、地元の学生さんはレポートや卒論はどうしてるのだろうと思いました。